2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 援助交際をやり始めるとなかなか辞める事ができないという人が多いようですね。
    確かに一回やって男性がとても自分に良くしてくれて報酬までくれてエッチの相性も抜群だったとなれば、またやりたいと思う事は間違いないと思います。
    女性は自分の体という武器を使えば、男性に困る事はないですし、大金だって簡単に稼ぐ事ができます。
    でもこの援助交際も毎回のようにやっているといつか自分の体を傷つけてしまう事にもなりかねません!
    実際援助交際をしている女性でも後悔しているといった人たちがたくさんいますからね。援助交際の本当の恐ろしさは何なのか。
    それは年をとるにつれて相手にされなくなってしまうという事です。
    援交も10代や20代前半は男性も大金を出してくれますが、30代とかになって援助交際を希望していたとしても、男性はこんなおばさんに何で3万も払わないといけない?と言われて自分自身も傷つき10代の頃にもらった数万もなかなか稼ぐ事ができなくなり、傷つく一方なのです。
    援助交際は10代のうちだけだと思っておいた方がいいですね。

    コメントは受け付けていません。
  • あくまである程度の年齢までという話ですが、年齢を重ねていくうちに男性は徐々に性欲が収まっていき、女性は逆に高まっていくそうです。オトコを振り向かせるために、またセックス(せっくす.net)に燃えさせるために、苦慮する女性もいます。
    オトコを萌えさせる香水なんてロマンチックじゃないですか。そんな香水が実在するといいますから驚きです。LCラブコスメティックという会社の「リビドーロゼ」がそれです。「リビドー(=性衝動)」なんて直球なネーミングですが、男性の性衝動を真剣に追求した製品だそうで、ウィーンの大学で研究された性欲を呼び起こす香り成分オスモフェリンをはじめ、80種類以上の香りを配合し、「お風呂上がりの香り」を再現しているといいます。
    「ベッド専用香水」を名乗るのは伊達ではないようで、ベッドインから行為終了の賢者モードまでの平均時間60分のシチュエーションを想定し、香りが変化していくように作られています。まず前戯のときには甘いフルーティーベリーの香りで誘い、挿入&絶頂に至るあたりでスズランの香りで官能性を高め、またジャスミンの香りで爽やかさを演出し、イってからの余韻をイランイランの香りで妖艶に落ち着かせるのだそうです。
    オトコを誘い込む甘い罠のような香水ですので、目的以外の男性に合うときには使わないように注意されています。

    コメントは受け付けていません。
  • 出会い系サイトのトラブルでよくあるのが勝手に課金されていたというケースです。ポイント制の有料なサイトは、最初に大半がお試しポイントとして無料でいくらかポイントがもらえます。優良サイトならこのピントが使い終わった時点でメールなどの送受信ができなくなりますので自分でポイントを買うことになります。
    ですが、悪質なサイトは、ポイントがなかったとしてもメールの送受信ができるサイトがあるのです。そしてどんどん知らない間に使っていて気がついたらポイントを購入した覚えがないのに自動でチャージされていてマイナスとなり、ポイントの請求が来るというケースです。
    この勝手に課金されることの対処法としては、規約をきちんと読みましょう。数ページにわたって書かれていることもありますが読んでいると自動課金について記載されていることもあります。
    登録、入会が無料かどうか確認をして、自動課金ではないかどうかよく確かめましょう。メールの送信に何ポイント必要なのか、受信に何ポイント必要なのか料金を確認しましょう。
    定額制においては1ヶ月いくらか月額料金を確認しておき、定額制の場合には自動更新なのかどうかのチェックが必要です。きちんと登録をする際に読んでいなかったからといって知らなかったといっても規約に記載があると運営者側から言われてしまえば、それで何も言い返すことができませんので、きちんとあらかじめ確認をした上で登録をしましょう。

    コメントは受け付けていません。
  • 結婚式はスタッフさんたちのおかげで、何の問題も発生することなく終わらせることが出来ました。
    神社の人たちに神前式の進行は任せていましたし、披露宴もプロデューサーがつつがなく進行をしてくれました。
    ですので、私たちは進行にしたがって結婚式を挙げることが出来ました。
    ●熟年世代でも素敵な結婚相手がゲットできる!
    熟年婚活応援サイト.com | 婚活出来る出会い系サイト情報で結婚したい!
    そういえば、白無垢を着るときにカツラをつけていたのですが、思っていたよりもかなり重かったですね。
    それに試着をしたときは短時間でしたから、感じませんでしたが、角隠しや着物もかなり重かったです。
    ですので、披露宴が始まる頃には、頭痛と肩こりが大変でしたね。
    ただ、披露宴の途中から肩こりと頭痛から解き放たれて、楽しむことが出来ました。
    神前式で結婚をして良かったと思います。
    人も最小限ですし、厳粛なムードで、「あぁこれで結婚が出来るんだ」と再確認をすることができました。
    ちなみに披露宴で、私の両親が号泣をしてしまったし、親からの挨拶でも号泣したままでしたね。
    普段は表情を表に出さない父親が、ひたすら号泣をしていたので、私も涙腺が緩んでしまいましたね。
    結婚式が終わって、私も夫も緊張が緩んでしまったのか、これまでの疲れがドッと出てしまった感じがします。
    だるい体にムチを打って、婚姻届を出しに行きました。
    二人とも目が死んでいたかもしれませんね。
    帰宅をしてから、泥のように眠ってしまいました。
    入籍をして3日にして、夫も引っ越してきました。
    結婚式から4日有給を取っていましたので、3日目は引越し作業をして、4日は片付け、そして最終日に新婚生活を始めることになりました。
    私のほうが少し早めに出勤をして、私が少し帰宅をするのが早い生活スタイルになるので、私が夕食を作ることになります。
    朝食は曜日によって当番制ですね。
    家事などは夫も一緒にしてくれるので、負担も全然ありませんし、不満もありません。

    コメントは受け付けていません。
  • 「なあ、俺達もかなり長いよな。でもお前がいなくなるなんてことは考えられないな。この先もさ。」もちろん私だって彼と終わりがくることは、考えられません。
    不倫snsサイト.biz – 話題の不倫SNSサイトでパートナー探しで出会い、もう不倫関係を続けて11年目を迎えるのに・・・彼に出会った当時、まだ1歳だった息子も来年は中学生になるのです。
    当時は結婚する相手を間違えたか?なんて思うほど悩んだこともありましたが、子供のためには離婚はしないほうがいいと彼がいいました。
    彼もまた、子供は赤ん坊でした。
    お互い結婚しているもの同士・・・家庭では笑顔を絶やさないで今まできました。
    この11年の間には、子供もお互い増えましたが、私たちの関係は何も変わることなく安定しています。
    セックスも夫婦の間ではまったくなくなってしまいましたが、いいんです。
    彼とセックスはできますから。
    昔に比べたら会っている時間もながくなりました。
    それだけお互い余裕が出てきたのでしょうね。
    二人でベッドの中で、まったりしている時間がなによりも幸せな時間になるのです。
    大好きな・・一番愛している彼。
    関係は不倫ですけど二人の関係が夫婦以上のものになっているような感じです。
    もう何があっても離れられない二人です。
    この状態をもし、主人が知ったら・・どういう反応をするのでしょうね。
    11年も俺をだまして!と怒るでしょうか?それとも、あきれてしまでしょうか・・

    コメントは受け付けていません。
  • 高校生時代の友達の男性は、数年彼女が居ません。
    最初は「友達と楽しむ時間を作る」なんて話をしていたのですが、徐々に恋愛をしたい欲求が高まり始めたのか、「彼女が欲しい」という言葉をよく耳にするようになりました。
    彼は元々、女性から人気のある人ですし、直ぐに出来るかとも思ったのですが、中々出来ないようで・・・。そんな話を聞いているときに「何故彼女ができないのか?」が少し見えた気がしました。
    それは「彼女が欲しい」と漠然と思いすぎていることでした。
    要は、どんな相手にしたいのか?
    どのような恋愛をしたいのか?
    という点は全く考えていなかったのです。
    漠然とした思いから生まれるものも確かにあるのですが、取っ掛かりとしてはやはりハッキリとした気持ちを持っていたほうが良いですよね。
    そんな話をしてから、彼は自分の恋愛観などを考えるようになったようです。
    そして、アクティブにも動くようになり「この人とお付き合いをしたい」と思える女性との出会いに恵まれたようです。
    まだ彼女と言う段階ではなく、アプローチ中のようですが、きっと真摯に向き合っている様子ですし「彼女が出来た」という話を聞くのも時間の問題だろうなと思っています。
    漠然としたものを具体的にすることの効果の大きさに改めて驚きました。

    コメントは受け付けていません。